日本語

日本語

日本農業新聞の論説で研究成果が紹介されました

日本農業新聞の論説「農村のうつ対策 生き心地の良い環境を」にて、研究成果が紹介されました。記事のweb版のリンクはこちら (日本農業新聞のWebサイトが開きます) 該当する研究の概要を紹介した記事は以下になります。 都市部に比...
メディア

日本農業新聞で研究成果が紹介されました

農村度とうつの関連について明らかにした研究が、日本農業新聞で紹介されました。「農村うつリスク1.2倍 京大調査 社会参加促し予防」(2022年5月7日) 本研究の成果を発表した論文の内容を解説した記事はこちらです。⇒【論文出版】農村...
お知らせ

共著論文が日本公衆衛生雑誌より出版されました

近藤尚己先生の研究室のメンバーでまとめた論文が、日本公衆衛生雑誌より早期公開されました。健康の社会的決定要因(Social Determinants of Health)の視点は、国内外でどのように政策に生かされているのか?ということをま...
お知らせ

Top Cited Article 2020-2021に選ばれました

Suicide and Life-Threatening Behaviorより出版された論文、Suicide and Types of Agriculture: A Time-Series Analysis in Japan が、2020...
論文

【博士論文】農村に住むことが自殺に与える影響とそのメカニズムの検討:出身国に着目したスウェーデンのレジストリ・データを用いた縦断研究

このたび博士論文が受理され、博士号(医学)を取得しました。合格した博士論文は、以下のリンクで早期公開しています。 博士論文の内容を、下記のスライドで日本語で概説しておりますので、よろしければご覧ください。スライド左下の「...
論文

博士論文を早期公開中です

このたび博士論文が受理され、博士号(医学)を取得しました。合格した博士論文は、以下のリンクで早期公開しています。後日、解説ページを作る予定です。 The impact of rural context on suicide mort...
日本語

育志賞受賞がストックホルム大学のHPで紹介されました

共同研究を行っている、スウェーデン・ストックホルム大学の公衆衛生科学分野(Department of Public Health Sciences)のホームページで、育志賞受賞についてご紹介いただきました!記事はこちらです。Mariko ...
論文

【論文出版】過去25年間の農村度別・出身国別の自殺率の傾向

スウェーデン・ストックホルム大学との共同研究の成果をまとめた論文が、Population, Space and Placeにて出版されました。人口学分野の国際学術雑誌です。 Kanamori M., Kondo N., Juárez...
お知らせ

日本学術振興会 育志賞 を受賞しました

このたび、第12回(令和3(2021)年度)日本学術振興会 育志賞を受賞いたしました。日本における博士課程の学生(全分野)を対象とした賞で、受賞者は上皇陛下からご支援・ご奨励いただきます。 このような名誉ある賞に選ばれ、信じられない...
日本語

日本獣医師会のシンポジウムで講演します 

今日からはじまる、令和3年度 日本獣医師会のシンポジウムで講演します。登録するとどなたでも無料でご参加いただけます。 2月6日まで、お好きな時間に見れますので、良かったらどうぞご覧ください。ご意見をお待ちしています! 私は以下のトピ...
タイトルとURLをコピーしました