お知らせ

日本語

日本農業新聞の論説で研究成果が紹介されました

日本農業新聞の論説「農村のうつ対策 生き心地の良い環境を」にて、研究成果が紹介されました。記事のweb版のリンクはこちら (日本農業新聞のWebサイトが開きます) 該当する研究の概要を紹介した記事は以下になります。 都市部に比...
お知らせ

共著論文が日本公衆衛生雑誌より出版されました

近藤尚己先生の研究室のメンバーでまとめた論文が、日本公衆衛生雑誌より早期公開されました。健康の社会的決定要因(Social Determinants of Health)の視点は、国内外でどのように政策に生かされているのか?ということをま...
お知らせ

Top Cited Article 2020-2021に選ばれました

Suicide and Life-Threatening Behaviorより出版された論文、Suicide and Types of Agriculture: A Time-Series Analysis in Japan が、2020...
日本語

博士論文を早期公開中です

このたび博士論文が受理され、博士号(医学)を取得しました。合格した博士論文は、以下のリンクで早期公開しています。後日、解説ページを作る予定です。 The impact of rural context on suicide mort...
お知らせ

育志賞受賞がストックホルム大学のHPで紹介されました

共同研究を行っている、スウェーデン・ストックホルム大学の公衆衛生科学分野(Department of Public Health Sciences)のホームページで、育志賞受賞についてご紹介いただきました!記事はこちらです。Mariko ...
お知らせ

日本学術振興会 育志賞 を受賞しました

このたび、第12回(令和3(2021)年度)日本学術振興会 育志賞を受賞いたしました。日本における博士課程の学生(全分野)を対象とした賞で、受賞者は上皇陛下からご支援・ご奨励いただきます。 このような名誉ある賞に選ばれ、信じられない...
お知らせ

共著論文が国際保健医療より出版されました

同じ研究室に所属している、森田直美さんの修士論文が出版されました!私も共著者として研究に関わらせていただきました。日本の在住外国人の医療アクセスについて、当事者に直接インタビューした貴重なデータを分析し、鋭い視点でまとめられた論文です。健...
お知らせ

論文がInternational Journal of Health Geographicsより出版されました

このたび、研究論文が国際学術雑誌 International Journal of Health Geographics に掲載されました。 Mariko Kanamori, Masamichi Hanazato, Daisuke ...
お知らせ

論文がPopulation, Space and Placeより出版されました

スウェーデン・ストックホルム大学との共同研究の成果をまとめた論文の2本目が、Population, Space and Placeにて出版されました。人口学分野の国際学術雑誌です。 Mariko Kanamori, Naoki Ko...
日本語

OneWelfareのワーキンググループのメンバーになりました

One Welfare(ワンウェルフェア)—動物と人間のwell-beingと、環境の相互関係—をとらえたコンセプトがあります。2021年から、国際的な非営利団体One Welfareによる「One Welfare Phoenix」という...
タイトルとURLをコピーしました